【EARTHWELL】Early Riser Tumblerを購入した話

earthwell

どうもこんにちは。今年の札幌はとっても雪が多いですね、、
そして、もう2月になってしまっておりますが、本年もどうぞよろしくお願いいたします(笑

さて、何かと忙しく、すっかり更新が滞っている当ブログでありますが、久しぶりにモノネタとなります。

ポートランド発「EARTHWELL

earthwell

今回購入したのはアメリカのオレゴン州はポートランド発の「EARTHWELL」というステンレスボトルブランドのタンブラー。
ポートランドと言えば、僕の知る限り自転車やビール、コーヒー好きの人が憧れる街。

そして僕が住んでいる札幌はなんと1959年から姉妹都市でもあるんですよね。
なんとなく緯度も近い印象(調べたら札幌は43度、ポートランドは45度くらい)で、行ったことはないんですが、きっと気候も似ているんだろうな、と勝手に親近感を持っております。


そんなEARTHWELLですが、知ったきっかけはたまたま入ったセレクトショップに置いてあったコチラ、Beer Cellar Sapporoさんのロゴが入ったグラウラーがEARTHWELL製でした。
ちなみにグラウラーは炭酸飲料が入れられる水筒といった感じでしょうか。
ビアセラーさんで購入したビールをこれに入れてもらうことができるようですね。

ちなみに僕はこの辺り全然詳しくないですが、このグラウラーがEARTHWELL製であること等はビール好きの友人から教えてもらいました。

というわけでタンブラーの話

earthwell

いろいろ調べると、アウトドアシーン推しだし、なんだか良さそうなブランド(安易)だったので、まずはお試しも兼ねて一番身近で使いそうなこちらのEarly Riserという名のタンブラーを購入することに。

毎日5時半くらいには起きている僕にぴったりな名前(笑

earthwell

タンブラーにつき、フタが付属しています。
後でハっとしたんですが、このフタも含めて、コーヒーショップのテイクアウト用のフタ付き容器から飲むのが本当に苦手で、大体軽い火傷をしてしまうのですが、あまり考えもせずにコレを買ってしまったんですよね(笑

用途は主に会社用なので、フタ取って飲めばいいし、、

ひとつ前の写真で少し様子がわかるんですが、適度にざらっとした表面がよく手に馴染みます。
EarthGripパウダーコートという、パウダーコートでもさらにちょっと特殊な塗装のようですね。

earthwell

何を思ったか水に濡らしてみたんですが、全然滑らないです。
というか、水滴の付き具合がめちゃくちゃカッコいいじゃないですか!

earthwell

カッケー!がエスカレートして外へ出て雪の中に埋めてみることに。
これもカッコいい、、

earthwell

ロゴはレーザーカッティングされ、ステンレスの地が出ており、これもまた良い。

earthwell

最後には雪をかぶせてみたり(笑

余談で写真の話ですが、この辺りの写真はけっこう絞って撮っていて、タンブラーのざらっとした質感やロゴの存在感もかなり際立ち、カメラのモニタを見て一人で興奮しておりました。

開放でボケた写真も良いけどディテールをきちんと伝えられるのはコチラですね。
上手に使い分けていきたいです。

さっそく使ってみる

earthwell

けっこう面倒くさがりなので、会社ではインスタントコーヒーです。
ちなみにカフェインレスのこちらをよく飲んでいます↓

earthwell

earthwell

真っ黒で何がなんだかわかんないけど、、

中身が入って重さが加わると、このボトル形状がしっくりきて持ちやすいです。

最初だけかもしれませんが、ちょっと洒落た気分にもなりました(笑

というわけで

earthwell

たまたま仕事で外へ出る予定があったので、持ち出したのですが、タンブラーの下の方が細くなっており、車のドリンクホルダーにもすっぽりおさまったので、この辺りも考えられているのではないでしょうか。
ただ、真空ダブルウォール構造とは言え、タンブラーなので、車を離れた2時間くらいで中身はしっかり冷えましたので、もっと保温したい!という方やアクティブに使いたい!という方はこちら↓の水筒タイプの方がいいかも。

EARTHWELL アースウェル woodie ウッディーインサレートボトル 22oz 650ml ウォールナット ウォルナット 保温 保冷 ボトル 水筒 Insulated Bottle Walnut 蓋つき 送料無料

その他詳細はこちら↓のお店が日本の代理店なようです。
補修パーツなんかも販売しているようなので、安心ですね。

sputnik shop

2018 年にアメリカ・オレゴン州ポートランドでスタートした新しいステンレスボトルブランド。最高峰の機能への追求だけでな…

というわけで久しぶりの更新となりましたが、今日はこの辺で。

それではまた!

最新情報をチェックしよう!