【KINTO CAPSULE カラフェ】を購入した話

kinto

大好きなテーブルウェアブランド、KINTOのカラフェを購入しました。
過去2つの記事から僕のKINTO愛が伺えると思いますので、よければどうぞ↓

関連記事

最近気になっていたテーブルウェア「KINTO」のティーカップとポットをお揃いで購入しました。 KINTOとは 以下、KINTO、websiteより抜粋。 KINTO は、ティーポットやコーヒードリッパー、食器など、暮らしの道具を企画[…]

関連記事

タイトルの通り、日常を心満たされる豊かなものにしてくれるプロダクトブランド、KINTOの素敵な花器をいただきました。 テーブルウェアですが、KINTOについては以前書いたものはこちらからどうぞ↓ 素敵な素敵なティーカップセット。 [s[…]

今回購入したのはこちらの二つ

kinto

右側、ステンレス製のCAPSULE ウォーターカラフェ。1L。

KINTO

KINTO公式ブランドサイト。使い心地と佇まいの調和を大切にした、日々に寄り添う生活道具をつくり続けるブランドです。Of…

左側は樹脂製のCAPSULE コールドブリューカラフェ。こちらも1L。

KINTO

SPECIFICATIONS φ85 x H270 mm / 1000 ml / 約450 g CARE INSTRUC…

ちなみにほとんど黒に見えますが、ダークブラウン。

パーツ構成と面白いギミック

kinto

コールドブリューの方ですが、パーツ構成。
この他にパッキン類が2つほど。
ステンレス製の方はただのカラフェなので、フィルターは付属しません。

kinto

この製品を買うきっかけになった、ちょっと面白そうだなーと思った点は蓋のギミック。

kinto

全然複雑な仕組みじゃないんだけど、この蓋の形状によりカラフェを傾けるだけで中身を注ぐことができるそうです。
この形状を考えた人、けっこうすごいと思います。
複雑なギミックがあるものって壊れやすい印象なんですが、これは全然そんなことなさそうです。

水出しコーヒーを作ってみる

kinto

こないだサムズバイクで買って挽いてもらったサムズコーヒー。
お買い求めは札幌市月寒西のサムズバイクまでどうぞ↓

基本コーヒーは豆で売っていますが、言えばちゃんと挽いてもらえます。

kinto

というわけで早速作ってみましょう。
カラフェについてきた説明書(?)では水850mlに対してコーヒー55gですって。
きちんとしたコーヒーメジャーが必要になってきました。

同じ要領でアイスティーも作ることができますね。

kinto

フィルターに入れ終わったら、こちらのキャップをはめて本体の蓋に取り付けます。(簡単なねじ込み式)

kinto

水を注いだ瞬間から出始めますが、この状態で8時間とのこと。
けっこう時間かかるね、、

kinto

ステンレス製の方には麦茶パックをセット。
我家には季節問わず麦茶が欠かせないんですが、これで今まで使っていた100均の開けにくいプラッチックボトルとお別れです。

早速、翌朝食のおともに

kinto

8時間経ったタイミングでフィルターを外して冷蔵庫へ。
もしかしたら洗いにくいかも、と思っていたフィルターですが、全然そんなことはなくちょっと濯いだだけでほとんどの粉が落ちました。
清掃に手間が掛かると結局使わなくなったりするもんね、、

kinto

当たり前ですが、本当に傾けただけで出ました。
ちょっと薄そうに見えるコーヒーですが全然そんなことはなく、美味しくいただきました。

kinto

丁寧な麦茶。

というわけで、まだ使い始めではありますが気になる点などは特にありません。
最近は素敵なセレクトショップや百貨店でも見かけられますので、気になる方は一度手に取ってみることをおススメいたします。

そして、このブログを書いていて、ステンレス製でフィルター付きのコールドブリューカラフェがあることを知る、、↓

(KINTO/キントー) CAPSULE コールドブリューカラフェ 1L ステンレス

KINTOの公式サイトには無いのに、完全に見逃してましたね、、

最新情報をチェックしよう!