春の準備をしているか【salsa down under rack】

salsa down under rack

先日書きましたsalsaのトップチューブバッグに続いて、本日はこちら。

salsa down under rack

salsa down under rack

バイクパッキングと言っても、僕はやはりパニアバッグ派。
(使わないと勿体ないという理由ではない)

salsaの自転車に最適なパニアバッグ用のラックが同社より出ております。

salsa down under rack

salsa down under rack

説明書がちゃんと同梱されていたので、今回自分で取り付けることにしました。
英語だけど、イラストで大体わかりました。

早速取り付け

salsa down under rack

まずはホイールを外します。いやー、メンテナンススタンドとかできちんと室内で作業したいですね~。この時はおそらく0℃くらい。

salsa down under rack

そのままだと作業できないことに気づいて、ひっくり返す。
まずはフォークの先のフェンダーダボに固定。

salsa down under rack

続いてフォークのミッドマウントへの取り付け。
これが作業環境のせいで、全然水平が出なくてうまく取付られませんでした。

salsa down under rack

というわけで、結局自転車を戻してホイール履かせてミッドマウントから先につけることにしました。行ったり来たりしています。

salsa down under rack

フォークの内側も固定。
ちなみにこのラック、この位置にもダボ穴が無いと取付不可なんですね。

取付可能な自転車がかなり限られるんじゃないでしょうか。

salsa down under rack

ブレーキのアウターケーブル、干渉するかと思いましたが、干渉しています(笑
あまり気にしないので、作業を進めます。

というわけで

salsa down under rack

自転車をたくさんひっくり返したり元に戻したりしましたが、取付完了しました!

salsa down under rack

正面から見るとこんな感じ。

salsa down under rack

悪くないですね! 

走ってみた感じ、重さもそれほど気にならないです。

キャンプで使う時以外は外そうかな、と思っていましたが、つけっぱなしでもいいかなーとまで思っています。

せっかくなのでパニアバッグも

salsa down under rack

付けてみました!
ちなみにパニアバッグは以前から使っているこちらです↓

関連記事

  キャリアがついたところで、次はパニアバッグですね!割と早い段階で決まって少し前に買ってはいたんですが、ここまで更新を先延ばしにしてしまっておりました。前回のVol.2はこちら↓[sitecard subtitle=関連記事 url=ht[…]

salsa down under rack

けっこう低い位置にバッグをぶら下げられるのが、このラックの特徴。
ローライダータイプなんて言ったりもするらしいですね。

rew10 works

このラックにパニアの組み合わせよりもかなり重心が低くなって、走った感じかなり安定感があるように感じました。

salsa down under rack

さらには、バッグを取り付けてもフォークのダボ穴に余裕がある!
これは何か付けられそうですけど、バッグが開かなくなるようなものは付けられないので、ちょっと考えないとですね。

salsa down under rack

ちなみにラックの下が少し湾曲していて、バッグのフックがちゃんと引っかかるようになっていました。

モトクロスインターナショナル

僕のラックはこちらです↑

モトクロスインターナショナル

↑もうひとつ、HDではないタイプ。
具体的には耐荷重がHDは25kgに対して、こちらは15kg。

25kgなんて載せることはないと思うんですが、今回の買ったHDはサムズバイクにたまたま在庫があったので、というのが僕の購入理由です(笑

というわけで、あっさりとしていますが春からのキャンプシーズンが楽しみですね~。
(冬もできる、という声もありますが笑)

最新情報をチェックしよう!