おれの【Global FatBike Day2020】

global fatbike day 2018

毎年12月一週目の日曜日はGlobal FatBIke Day!(本当は土曜日らしいのですが、日付変更線的な関係で日本では日曜開催。ちなみにトップの写真は2018年、僕も参加した時のもの)

関連記事

昨日行われたGlobal FatBike Dayに参加してきました! Global FatBike Dayってなんぞ?という方は以前書いたこちらをどうぞ↓ [sitecard subtitle=関連記事 url=https://mas[…]

が、しかし!
今年はコロナ禍により、イベントというイベントは片っ端から中止。
特に札幌は感染者数が多数ということで、大々的なイベントはできなかったので、各自で楽しんでいたようです。SNSでハッシュタグglobalfatbikeday、やglobalfatbikeday2020、などで検索してみると良いでしょう。

僕なりのGFBD2020

one day

僕なりのGlobal FatBIke Day(GFBD)について考えてみました。
2018年は2.8インチのセミファットタイヤを履かせたマウンテンバイクで参加したんですが、せっかくパーツ待ち中のFatBikeフレームがあるんだから、この日に何かできないかな?なんて考えたんですが、全然思いつかず。
もちろんこの日に組み上げられるわけでもありません。

組み上げてからやろうと思ってたことをやる

one day

何かしたい、、何かしたい、と悩み、組み上げてからやろうと思っていたことを先行してやらせてもらうことにしました。
まずは一式預けているサムズバイクさんでハンドルにグリップつけてもらいました。
ここでちゃんとブレーキレバーも通しておかないとあとでエラいことになります。

one day

ほぼ揃ったパーツ。あとはリアハブくらいのようです。

one day

そしてパニアバッグからハンドルがはみ出た状態で自宅に持ち帰ります。

すっかりお馴染みのニス塗り

rew10works

かれこれ10年くらいニスを塗ったバーテープを使っていますが、今回もこれをやります。

関連記事

今年は雪がとけはじめてから無くなるまでが早かったですね。 が、世間を騒がせているCOVID-19のせいで、なかなか思い切って外出できないのが現状。 まぁ、なるべく人が集まらなさそうなところへは出てはいるんですが、、 というわけで本日は[…]

興味のない方はぜひスルーしてください。

この投稿をInstagramで見る

Jones Bikes(@jonesbikes)がシェアした投稿

今回のハンドルはアメリカのフレームビルダー、JONESBIKESが作っているマルチポジションが取れるハンドルバー。
ドロップハンドルにニスを塗ることが多かったですが、バーハンドルタイプですね。

one day

バーハンドルにそのままバーテープを巻いてしまうと細いので、先にお見せしたようにクッション性のあるスポンジグリップを取り付けてその上から巻きます。

オススメはESIgripsのスポンジグリップ。

created by Rinker
Extreme Steering(エクストリームステアリング)
¥4,888 (2021/11/29 02:15:04時点 Amazon調べ-詳細)

one day

バーテープはBLUE LUGさんオリジナルのアクリルバーテープ。ひと巻き650円くらいだったかな?とても安いです。念のため二巻き購入。

one day

というわけで久しぶりのバーテープ巻き。グリップの上から巻いたことなんてなかったんんですが、割ときれいに負けました。
どちらにせよ、ニスを塗ると全く気にならなくなります。

今回はちょっといつもと違うことをやろうと思い、こちらのBLUE LUGさんの動画を参考にさせてもらいました↓

one day

というわけで妻に動画を見てもらって、紐を巻いていってもらいます。

one day

前述のスポンジグリップだと紐がギュッと食い込んでいい感じになりますね。
紐はセイル用の紐で、少しロウが塗られているせいかオイリー。

one day

こんな感じ。食い込みっぷりもほどほどに、良い感じです。

one day

そしてニス塗り。
セラックニスはカイガラムシの分泌液から精製されるという驚愕のニスです。

one day

きちんと養生、して数回塗り重ねます。

one day

翌日、明るいところで撮った塗装状況。
紐の色がかなりいい感じですね。
チャーシューのようにグリップにも巻いていくことで、すべり止めにもなるんですよね。

one day

この状態で完全に乾くまでしばらく放置しておきます。
使っていくことで、さらにいい感じになっていくお気に入りのグリップの完成。

このグリップを握って走れるのは、はたしていつになるのか!?

なんてことを考えた僕のGFBD、というかハンドルバーにただニスを塗った話でした。

それではまた!

 

最新情報をチェックしよう!