salsa fargoのフォークの話

salsa fargo ti

これからゆっくり時間をかけて組んでいこうとしているsalsa cyclesのfargo。

本日はフォークの話。
(あまり興味のない方はスルーすることをおススメします!)
fargoの話はこちらからどうぞ↓

関連記事

ひょんなこと(オークション)から、salsa cyclesのfargoというオフロードツーリングバイクのフレームを入手。のチタンモデル。 探していたfargo titanium 冒頭でオフロードツーリングバイク、なんて言ってしまいま[…]

2013年製はクロモリフォーク

Salsa Cycles

ご覧のように2013年のfargoはクロモリフォークなんですよね。
最近のfargoはもちろんカーボンフォークです。

share the trail

左の自転車、チタンモデルではありませんが、最近のfargo。
クロモリフレームでもカーボンフォーク標準装備。
しかもこのフォークはカーボンでありながら、ダボ穴がたくさんあってしっかりバイクパッキング仕様なんですよね。

salsa fork

写真がイマイチ過ぎますが、こちら付属のフォーク。
重たすぎてビックリしますよ(笑

salsa fork

ヘッドセットを付けていないのでかなり不安定ですが、こんな感じ。
もちろん専用設計なので、見た目悪くありませんが、せっかく軽量なフレームなのでこのフルアーマーなフォークはちょっと残念。

というわけでカーボンフォークにする

salsa fork

というわけで、左、現行のfargoに付属しているカーボンフォーク。

実は、バイクパッキング系の自転車をゆくゆく組みたいと考え始めてから、フォークは絶対コレ、と決めていたのでフレーム買う前からフォークは探して購入済みだったのです。

日本はおろか海外でも単品売りはしていないので、探すのけっこう苦労しました。
まぁ、このあとすぐにfargoのチタンフレームが出てきたのは、運がよかったとしか言えないでしょう。

このフォークに合わせてフレームをオーダーしよう、なんて考えた時もありましたが、とりあえずその計画はナシですね。

salsa fork

15mmスルーアクスル、ダボ穴たくさん。

僕の知る限り、カーボンフォークでこれだけダボ穴(フェンダーダボまである)が充実してるのはこのフォークしか知りません。

持った感じクロモリフォークの半分くらいなんじゃないでしょうか、、

salsa fork

フォークコラムはテーパードなので、ヘッドセットはchris kingで言うとinset7。
ちなみにクロモリの方は、オーバーサイズ28.6そのままなので、inset8。

このあたりは最近ちゃんと勉強したので、もう大丈夫そう。
イラストとかでちゃんと説明しようかと思いましたが、面倒なのでsim worksさんのwebから転載した下記をご覧ください。

もしカーボンフォークが壊れて、元々のクロモリで代用したい場合はヘッドセットの下だけ別な規格にしないといけないってことなんですよね~。

salsa fork

とりあえず挿してみる。

ヘッドセットはもう決めてあって、フレームごとサムズバイクさんに預けてあります。
せっかくchris kingでヘッドの説明したんですが、chris kingは使わない予定です(笑

このあたりの話は続くかもしれないですし、続かないかもしれないです。

最新情報をチェックしよう!